油汚れ

油汚れの落とし方にはどんな方法があるでしょう。

油汚れの落とし方にはいろいろありますが、どんな落とし方をするとよく落ちるんでしょうか。キッチンでの油汚れの落とし方としては一番スタンダードなのは食器洗い用液体洗剤を使う方法でしょう。シンクの汚れでそれ程酷くないものには洗剤で十分でしょう。日本の洗剤は皮膚には優しいものが多いですが、あまりよく落ちないものもあります。日本の液体洗剤であまり落ちない場合はドイツの液体洗剤がいいでしょう。実際ドイツ製の洗剤はよく落ちます。ただやはり肌にはあまりよくない場合もあるので、洗った後は石鹸やハンドソープで手をよく洗う事が大事でしょう。食器用洗剤で落ちない場合は、クレンザーを使うといいでしょう。クレンザーはこびりついた油汚れもよく落ちますが、やはり使用後はよく手を洗う事が重要でしょう。その他水道の蛇口(カラン)の周りはメラミンや東急ハンズなどで販売している小さい立方体のスポンジ(紙ヤスリ面付き)がお勧めですね。少し水をかけて洗うとよく落ちます。キッチンで最も厄介なのがIHコンロの黒くなった油汚れでしょう。IHの油汚れの落とし方としては、食器用洗剤で落ちない場合、クレンザーをIHコンロの汚れているところにかけ、アルミホイルをクシャクシャにして磨くのが効果的でしょう。アルミホイルだとよく落ちますし、IHの表面を傷つけません。ただあまり強く磨きすぎると傷がつく可能性もあるので気を付けた方がいいでしょう。

気になるキッチンの油汚れには専用の洗剤で

キッチンの油汚れは、どうしてもついてしまうものです。つくたびにお掃除するのも手間がかかりますし、また、ついたまましばらく放置してしまうと固まって取れにくくなってしまうという非常に厄介なものです。水で洗うだけでは見た目はきれいになるものの、触ってみるとべとべとの油が残ってしまっていたりするものです。食べ物を扱うキッチンだからこそ、できれば綺麗にしておきたいものです。そんな時にはキッチンの油汚れ専用の洗剤を使うのがやはりベストのようです。キッチンペーパーなどに軽く吹きかけて、軽くこするだけで油汚れがみるみるうちに落ちていきます。しばらく経ってしまった汚れでもしばらくこすれば次第に落ちていきます。また汚れてしまうものだから、とあまり放置せずにこまめにお掃除をすることで、気持ちの良いキッチンの状態を保ち、いつもおいしく食べる料理を作る場所だからこそ、常に気を使って綺麗にしておくことが必要なのではないでしょうか。ただそのような洗剤は威力が大きい分、色んな化学物質が配合されていてもし口に入ったら…と考えると怖くて使えない!という人も多いでしょう。そんな人は冬の大掃除でも大々的に取り上げられているスチームモップ!これは高温にした水を噴射する事で油汚れを浮かして落とすといった原理なので、全くの人畜無害なので安心です。ただスチームモップにも色んな種類があるのでランキングサイトなどを参考にして用途にあったものを選ぶ必要があるでしょう。【参考ページ】スチームモップランキング

身の回りにあるもので衣服についた油汚れを落とす

食事の油がはねたり、口紅や油性インク、灯油など、日常生活で衣服に油汚れが付いてしまう機会は多いです。しかし、こうした汚れはふつうに洗濯機で洗っても落ちず、シミになって残ってしまいます。油は水とまじり合わない性質を持っていますから、水洗いしても汚れが溶けないためです。油汚れをきれいに落とすには、洗濯機で洗う前に油を予洗いして取りのぞいておく必要があります。布を2枚用意して、1枚を衣服の汚れの下に敷きます。油染みに洗剤を薄めずに直接つけます。洗剤は台所用の食器洗剤でもクリームクレンザーでもいいし、液体の洗濯洗剤でもかまいません。試した方の声を聞くと、食器用の洗剤がよく落ちるという意見が多いようです。しばらく汚れに洗剤をなじませたら、もう1枚の布で軽くたたきながら、油を布に移していきます。このとき、外側から内側に向かってたたいていくようにします。逆にすると、シミが汚れていない部分にも広がってしまうことがあります。あとは洗濯機でいつもどおり洗います。汚れが残ったらもう一度洗剤をつけてつまみ洗いをします。強力な汚れには、シンナーやベンジンなど油性の溶剤を使うと落ちます。落とし方は洗剤のときと同じです。合成繊維の衣服は溶剤を使うと色落ちしたり、生地が傷む場合があるので、目立たない場所でテストしてみましょう。

重曹でキッチンの油汚れを落とすエコ掃除法

年末の大掃除などで手がかかって困る場所と言えば、キッチンです。こまめに掃除をすればいいけれど、なかなか手が回らなくて大掃除の際にこびりついた油汚れに手を焼いたことがある人も多いはずです。そのままこすってもとれないし、洗剤を使っても二度ぶきが必要になってとても手間です。もちろん、洗剤をたくさん使えば汚れは落ちますが、手荒れをしたり、水も大量に使うことになり、環境にいいとは言えません。こんな場合に役に立つのが重曹です。重曹は蒸しパンなどを作る際にも使用され、食品添加物にも使われるナチュラルな成分で口に入れても危険がありません。なので小さな子供のいる家庭では、子供が間違って口に入れても安心です。この重曹を使えば、油汚れが落ちやすくなります。重曹は弱アルカリ性の性質を持っていますから、油汚れにつよく、またその結晶によりこびりついた汚れをこそげ落とす効果もあります。石鹸と混ぜてペーストを作ると、そのままつけて拭くよりもより強力な汚れ落とし効果を発揮します。このようにキッチンで重曹でを使った安心安全なエコ掃除をすることができます。

こびりついたキッチンの油汚れは重曹が含まれた洗剤を

キッチンはすぐに油汚れが目立ってしまうので、こまめに拭き掃除が必要です。ちょっとした油汚れなら、食器洗い用の洗剤で拭き取れば落ちるので、こういった作業をこまめにすればいいのですが、料理の種類によってはなかなか拭き取れない油汚れが付いてしまうこともあります。また、こまめに拭き取っているつもりでも、少しずつ汚れが溜まっていくこともありますので、普段の拭き掃除にプラスして、油汚れに強い洗剤を時々は使うようにしましょう。油汚れがよく落ちる商品を選ぶポイントは、重曹が含まれているかどうかです。重曹だけでも汚れは落とせますが、重曹にプラスして、その他の汚れを落とす成分が含まれているもののほうが効果的です。商品によっては、手軽に使いやすく作られているものもあり、重曹だけで汚れを落とすよりも簡単にできる場合もあります。キッチンの汚れだけでなく、衣類の漂白など、色々なところで利用できる商品もあるので、重曹が含まれている洗剤を選ぶときには、多目的に利用できる商品を購入すると便利で経済的です。

油汚れを駆逐する【汚れ落としの巨人】メニュー